テイルズとか サイトマップ
テイルズ@日本語でおk
来週の雑誌
2011/09/23(金) 11:34:21 | ジャンプ情報 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドラクエⅩ
街の施設紹介。旅人バザーはアイテムを出品できる。基本オートセーブだが教会でお祈りも可能。郵便局では友達に手紙やアイテムを届けられる?鍛冶設備では鍛冶職人になれば施設が使えるようになる。街から続く住宅村に自分の家を持つことが可能、カスタマイズもできる。友達の家に行くことも可能。
オーガーが暮らすオーグリード大陸の紹介。未開の荒野と険しい氷山が連なる大陸。


次号はモンハン3GとドラクエⅩ特集


以下漫画話


バクマン。 148ページ 一発勝負と一話完結七峰にもう一つ条件として、小杉にネームを見せてOKを出さなければ掲載しないことになった。サイコーたちは七峰読み切りに対抗するためにシリーズものの盛り上げたところをぶつけるのではなく、一話完結の話で戦うことにした。七峰に9.3点のネームが渡された。『1000億と美少女(仮)』「ある巨大IT企業の社長の一人娘……16歳 誰もが認める超美少女 社長があらゆるメディアを通じ婿を決める大会を開くと発表 優勝した者に1000億とその娘が与えられる 参加資格は18歳から25歳までの男子 ただそれだけ アトランダムにピックアップされ書類審査を通った5万人の男が球場に集められ数日に渡りいろいろな戦いをくり広げ優勝者を決める 知力体力を尽くした壮絶なバトルの裏で試されているのは金と美女を得るという欲望で集まったのとは裏腹に実は"人を思いやる気持ち"」。小杉のチェックも通り読み切りが決定。編集長が服部さんに亜城木はどうかと聞き、服部が一話完結の話をやると伝えると、編集長は「やはり川口太郎の甥だな 一話完結じゃない一話完結ってやつか…………」と言う。それをサイコーに伝えると、サイコーは90年代ジャンプを読み出し、新連載が入ってきたときの川口太郎の回を分析した。その一話完結は大きな転換点となっており、これ以前の話も読みたくなる内容だった。サイコーは川口太郎のことを思い出し、この話を描くときは自身の作品を1話目から全て読み直していたことを思い出した。「だからこの一話完結は今までがあるから面白く読まされる作品であり 壮大な先の展開を期待させる一話完結にもなってるんだ」 2人で1話目からPCPを読み直して最高の一話完結を作ろうぜで終わり


エニグマ e50.キー玄岩は手帳に切符が入っていることに気がつく。玄岩は御手洗と無線で連絡をしているが、テレパスで割り込んで無線が悪用されるから切るようにと
指示して切らせた(その声は本当に玄岩なのかと思われたが電波が悪いと誤魔化した)。玄岩が部屋を出ようとすると囚人が進入して玄岩を殴って気絶させる。灰葉にも囚人が迫るが、灰葉は手帳に入っていた切符と一緒にマスターキーも手に入れていた。全員の牢屋のカギを解除し、マスターキーがあれば全員に脱出するチャンスがあるので自分に味方しろと囚人に命令し、赤目から切符を奪った。マスターキーはそのまま囚人に渡してしまったが、磁気を近づけていたからカードが使えるかどうかは運次第だと会長に言う。赤目がそのまま刑務所でうろうろしていると急にキリヲに捕まる。そして一瞬のうちにキリヲの代わりに粛正装置に繋がれてしまった。目を覚ました玄岩は見せしめのためにキリヲに再教育を施すが、それは入れ替わった赤目だった。キリヲ「さてここからが本番だぜ スミ……!!」
で終わり
関連記事
To Page Top

管理者にだけ表示を許可する

To Page Top
Text by Nore139 / Designed by おっく

© テイルズ@日本語でおk