テイルズとか サイトマップ
テイルズ@日本語でおk
来週の雑誌
2011/04/21(木) 23:06:23 | ジャンプ情報 | トラックバック(0) | コメント(0)
モンハン日記ぽかぽかアイルー村G
発売日/2011年夏発売予定

巨大なネコ地蔵、温泉、村長見習いとしての新イベントの紹介


FF零式
発売日/2011年夏発売予定
レム・トキミヤとマキナ・クナギリの紹介


テニスの王子様 ぎゅっと!ドキドキサバイバル海と山のLove paasion
発売日/2011年6月23日

初登場の千歳千里(大須賀純)と忍足謙也(福山潤)の新作エピソードが追加。


次号はチームG59上!!はないが、あのタイトルの最新作を世界最速公開とあるのでジャンプキャラゲー新作情報あり

次号は早ければ5月2日

以下、漫画話


バクマン。路上では迷惑になるから公園に移動して喧嘩をはじめた。しかし中井の一撃で簡単に平丸は吹っ飛んでしまった。蒼樹さんは警察に電話しようとする。
一方その頃、サイコーたちは同窓会のことを話し合っていたら福田から中井と平丸が喧嘩していると連絡があり現場に向かうことに。蒼樹さんは警察ではなく福田に助けを求めていた。何度も吹っ飛ばされては立ち上がる平丸。蒼樹さえいなければという中井に、もし本当に蒼樹さんに落ち度があるなら全ての責任は自分が取ると言うが、中井は聞かず再び平丸を吹っ飛ばす。
そこへ福田とサイコーたちが登場する。福田は中井と戦おうとするが、平丸は「手を出すなーっ あ…蒼樹さんは自分が守る…手を出さないでくれ それに君達には関係ない これは僕と中井さんと蒼樹さんの問題…なのさ」と言い立ち上がる。中井に何が蒼樹さんのせいなのか聞くと「俺にはマンガしかなかったんだ…19で上京して連載を夢見ながら21からアシスタント…青春のすべてをそそいできた…遊びもせず恋もせず しかし それをあの女がぶち壊した」
平丸「つまり蒼樹さんが魅力的過ぎて…心惹かれ……自分のマンガ人生が狂ったと… 中井さんの…マンガに対する思いがその程度だったのではないか? しかし………その気持ちはよくわかる!僕も同じだ!! 僕はマンガを描くのが大嫌いだ…もはや蒼樹さんに気に入られるためだけに描いている 蒼樹さんとその美しさに罪はない よって僕は命懸けで彼女を守る!罪なのは羨むべきはその蒼樹さんのお茶友達に登りつめた僕のほうではないか!?ならば気の済むまで僕を痛めつければいいさ!!」と言う。そこへ蒼樹さんが出て行き、殴りたいなら殴ればいいと中井に言う。しかし中井はその手で地面を殴った。
「さ…逆恨み……わかってる…俺 本当にマンガしかなかったんだ 人生の全てをかけてきたんだ」福田「新妻師匠のところで一緒にアシやってた時そんな感じじゃなかったけどな」シュージン「酒にも酔ってるけどムードにも酔ってるんじゃ…」
中井は「hideout door」連載してるときが幸せで、仕事も金も女も自分自身のせいだとわかっているがこの先どうやって生きていけばいいのかと言う。
その話を聞いた平丸は泣き出し、「マンガとは恐ろしいもの…編集にのせられて踏み入ったが最後……一寸先は闇 5年後 10年後 僕だってどうなっているか……いつ僕だって中井さんのような惨めなおっさんになり下がるか」と言い出す。そして「僕のところでアシスタントをやらないか!?蒼樹さんに惚れた者同士通じ合うものもあるはず」
中井はびびりながら「………ないと思うが…………」と言うが「いや中井さんは僕の末路かもしれない!そう思うと放っておけない」と謎の理屈を言い出す。中井もこの男なら蒼樹を任せても良いと思ったなどと言いだし酔っぱらっていることもあるが意気投合した。蒼樹さんは平丸を信じると言い一件落着。翌朝、平丸のベッドを占拠して眠る中井。平丸は床で寝ていた。中井は平丸の家で暮らし、アシスタント代も前借りすることにしてなんとかやっていくことになったところで
終了。


エニグマ灰葉、タケマル、栗須、ひいなの4人で作った道を歩き出した。モリが動き出すとタケマルさんが時間を巻き戻した。そして灰葉と栗須が夢日記に入り込んだ。フェンスの足場のおかげでリフトが手の射程圏内になっているので、夢日記をひいなさんの手でリフトまで運んで灰葉がリフトに立った。しかしパスは手に入らず、何か変な音が聞こえてきた。そのとき、しげるが急に泣き出し下からモリが出てくることに気が付き灰葉に伝えた。そして頭の中で「気付くのしげる あなたは、まだ…私じゃない…!!」と謎の声を聞く。
ガラスのプレートを足場にして下からのモリを防ぐとパスワード「HIJACK」が出現。しげるは無意識に下からのモリに気が付いたというが、これは何かの才能ではないかと灰葉は考えたところ
で終わり。

関連記事
To Page Top

管理者にだけ表示を許可する

To Page Top
Text by Nore139 / Designed by おっく

© テイルズ@日本語でおk